閑散期はマンスリーマンション運用で空室対策!

d4335d47bec38ecb65883cae02b82333_m

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションとは、「短期滞在型の家具付きマンション・アパート」のことです。入居期間は、短くて1週間から長くて1年くらいになります。
入居者の属性や利用目的などにつきましては、ウィークリーマンション・マンスリーマンションと民泊の違いをご参照ください。

マンスリーマンション運用のメリット

室内に、きれいでデザイン性の高い家具や家電を設置しますので、築年数が経過している物件や、借り手がなかなかつかないお部屋でも運用でき、短期利用で家具・家電が設置されている分、通常の賃貸マンションとして貸し出すよりも高い賃料で貸すことができます。また、賃貸マンションは繁忙期、閑散期といわれるように、時期によって需要が変動しますが、マンスリーマンションの場合は、需要の変動が少ないため、またキャンペーンなどにより賃料を柔軟に設定できるため、閑散期に長期間空室になるリスクが少ないです。

マンスリーマンション運用のデメリット

賃貸マンションよりも入居者の入れ替わりが多いことです。入れ替わりの度に清掃をして、賃貸借契約書を作成し契約を締結して、鍵を引き渡してなど煩わしい業務が増えます。
当社に委託していただければ、煩わしい業務はを代行いたしますが、管理委託料は一般の賃貸マンション運営よりも高くなります。マンスリーマンションの委託料は集金額の10%になります。

マンスリーマンション運用による、いけてる賃貸マンション経営術!

賃貸マンション経営成功の秘訣は、以下の2点です。

  • 良い条件で貸すこと
  • 空室期間(無収入期間)を短くすること

閑散期にマンスリーマンションで運用して空室率を下げ、繁忙期に良い条件で賃貸借契約を締結することで、賃貸マンション経営を成功に導くことができます。空室でお悩みのオーナー様、是非ご相談ください。

当社が運営しているマンスリーマンション、
シンプルマンスリーのサイトです。

問い合わせ

まずはご相談ください

お問い合わせはこちら
Copyright 2019 原宿・表参道の賃貸管理はユニオネスト