建物全体のバリューアップ

6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s

建物の設備で人気な条件といえば、オートロック。そしてインターネットです。

セキュリティ対策がきちんとしている物件は、女性からの人気が高いです。最近では、当たり前のように設備に加えられていますよね。そういった設備を整えることで、物件の価値が高まり、人気も上昇。入居率を高く維持することが可能になります。

o-toroku

オートロック

オートロックとはカードや暗証番号が認証すると扉の鍵が電気的に解錠し、閉まると自動的に施錠するシステムです。不審者や部外者の入室や入館を制限したり、来客をインターホンやカメラで確認してから、その扉まで行かなくても解錠できるようにする用途で設置します。

オートロックの種類

オートロックの扉を開ける「カギ」として一般的に使われる機器の種類と特徴をご紹介します。

  • 1.暗証番号型

    暗証番号を設定して正しく番号を入力すると解錠するようにするシステムです。もっとも安価に導入できますが、番号が漏れてしまうと誰でも入ることができてしまう欠点があるため、頻繁に番号を変えることをお勧めします。

  • 2.カード型

    もっとも多く使われる認証方式で、追加や削除が簡単に行え、管理ソフトを導入すれば個人を識別し解錠の履歴を残すことができます。盗難などによる「なりすまし」に注意する必要があります。

  •  

    最近では、配線工事が不要なオートロックも登場しています。短期間、低コストでオートロックの設置が可能になっています。不審者などから大切な物件を守ることができるオートロックは、入居者のみならず、オーナー様にもメリットのある設備です。ぜひこの機会に設置を検討してみてはいかがでしょうか?

     

    セキュリティ

    オートロックをつけるまでではないけれど、セキュリティを充実させたいというオーナー様には、モニター付きインターホンがおすすめです。また、防犯カメラや看板を設置するだけでも、セキュリティ効果が高まります。

    これらは非常に低コストかつ短期間で行うことができますので、緊急の対策としても有効です。

    若い入居者は特にセキュリティに気を使っています。数年前とは大幅に変わった需要ともいえるでしょう。

     

    インターネット対応物件

    img_internetGateway

    無料インターネット設備』の費用対効果は全国賃貸住宅新聞社が管理会社に行ったアンケート、「あれば賃料が高くても入居が決まる設備」でも示されています。
    インターネットが無料になることで、仮に賃料を上げたとしても入居者様の実質の支出は変わりませんので、価格競争で家賃を下げる必要はありません。逆に賃上げも不可能ではありません。

    10年ほど前であれば、インターネット回線が引き込まれていない賃貸物件は多く、それでも借り手がつきました。しかし現在では、電気・ガスと同様に必須のインフラとなっています。
    基本設備の充実をさらに踏み込んだ「ブロードバンド対応住宅」にすることで、物件の付加価値アップが図れ、入居者様からの魅力を高めることができます。

    地域のケーブルテレビや、マンション一棟対応のインターネット業者など、様々なプランがございます。ぜひ一度ご相談ください!

    まずはご相談ください

    お問い合わせはこちら
    Copyright 2018 原宿・表参道の賃貸管理はユニオネスト